山本五十六

Posted by ゆりん on 01.2012 0 comments 0 trackback
昨年も今年も新春映画第一弾はヤマトです(笑)





「山本五十六」見てきました。

山本五十六は連合艦隊司令長官として真珠湾攻撃とミッドウェー海戦を指揮した人物です。
こう書くと率先して戦争に導いて感じがするけれど、戦争をやる気はなく、ずっと講和を訴えていました。
戦死した後の、戦争を終わらせる人がいなくなったというナレーションがそれを物語っています。
もうねえ、全編泣きっぱなしでしたよ。
戦争で勝ったって人は死ぬ、という飲み屋のおかみさんの言葉がひとつひとつ胸に突き刺さります。
犠牲のある勝利なんて手放しで喜べるわけはない。
中枢部と最前線の現場との認識の違いによる読み違いが、悲惨な結果を生んだとしかいいようがない。
太平洋戦争はこれまでの戦争と違い、民間人も戦場に連れていかれた。それまでは、戦争は軍人が行っていたから、民間人には対岸の火事に思えたのだろう。
それを表しているには新聞記者たちだ。彼らが次々に徴兵されていくのは、日本が追いつめられている証拠だ。
戦争を始めるのは簡単だけど終わらせるのは難しいのだ。
だから、できるだけ避ける道を模索するのだ。
地球上から戦争がなくなったわけではないけれど、できるだけ戦争を避ける道を選んで進む国であってほしい。

内容が内容だけに観客の年齢層が高かったのだけど、若い人10代20代の人にも見にいってほしいです。
親子連れを見かけて、連れてきたお父さんもついてきた娘さんもえらいと思いました。
いつの時代でも未来を担うのは若者だ。

歴史って過去の遺物として毛嫌いする人もいるけれど、今自分がどうしてどうやってここに立っているかを知ることだと思う。
歴史を知らなければ入り組んだ世界情勢も理解できないもの。
とまあ、歴女という言葉がなかったころからの歴史スキーがつぶやいてみる。

それにしても阿部ちゃんはいい役者になったなあ。
最初はモデル出身の大根だったのに、陸軍も海軍もこなしてローマ人にまでなっちゃうよ!
テルマエ楽しみである。

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yurin.blog4.fc2.com/tb.php/2646-809465aa

プロフィール

ゆりん

  • Author:ゆりん
  • ぐーたらゆりんさんのしたい放題日記です。
    マンガとF1とロックとにゃんこが大好き☆
    好きな言葉★明日からダイエット
    ネタバレにご注意
    禁無断転載・無断複写




    ☆★がんばれ琢磨★☆
    trt
    ↑TRT会員募集中
    母の気持ちで見守っています



    (C)TRT Communication

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

カウンター

Copyright © 今日の雄叫び All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary